幼保連携型こども園 須田保育園

園の概要/はじめに

当園は幼保連携型認定こども園に移行し乳幼児の保育、教育をよりきめ細かく行っていく体制となります

はじめに園の概要

「季節保育所」から「幼保連携型認定こども園」へ

県下有数の果樹栽培地帯である須田地区は豊かな緑と人の温かさに恵まれた場所にあります。
当園は昭和8年(1933年)、真宗大谷派延命寺 先々代住職石山尚秀が農繁期の幼児を預かるため境内に「須田季節保育所」として開園したのが始まりです。
以来地域の方々には“託児所"として呼ばれ、昭和41年(1966年)には認可保育所となり、須田小、中学校区唯一の就学前児童施設として認可以来1500人を超える子どもがこの園で過ごして参りました。
仏教保育を園の理念の柱に据え、報恩感謝の念を大切にして日々の活動に取り組んでおります。
とりわけそれらの活動の中でも昭和54年(1979年に新潟県で初めて幼児だけで結成したマーチングバンドは、「須田保育園といえば鼓笛」と言っていただき、地域の内外の方々に広く親しんでいただいております。
このマーチングバンドをはじめとして須田保育園の活動には地域、保護者、園が一体となって子どもらを支える良き伝統が連綿と受け継がれております。

「心からの慶び」を感じることの出来る子ども

当園は平成29年度より幼保連携型認定こども園に移行し、乳幼児の保育、教育をよりきめ細かく行っていく体制となりました。
OECD諸国では近年”ECEC”(Early Childhood Education and Care:乳幼児期の教育と養護)の重要性が報告書で頻繁に取り上げられ、未来の社会の基盤を支えるのは、将来の大人である子どもの乳幼児期の育ちにかかっていることが広く認知されるようになってきました。
私は、質の高い幼児教育はその子のみならず将来の社会全体を支えることになると信じます。
こども園となった当園は、将来にわたって子どもらがしっかりと生きていかれるよう今まで以上に保育、教育の質を高めていく所存であります。
具体的には基本的生活習慣の自立、協調性、忍耐力、集中力を育む活動を今後も続けて参ります。
その際「一人の子どもを職員みんなで見る。」という開園以来のモットーを大事にして いくのは言うまでもありません。
当園では職員に「あの子は私の担当ではない。」とは決して言わせません。
なぜなら全ての子どもは尊い「ほとけのこども」だからです。
大人が子どものみならず周囲の多くに「報恩感謝」の念を持てば、子どもは生かされるありがたさ、「心からの慶び」を自ずと感じ取るからです。
感謝に根ざした「心からの慶び」を感じることの出来る人は虚しく生きることがありません。

将来大人になる子どもらに何が大切かを見つめる

私は平成20年度まで16年間神奈川、新潟で高校教諭をして参りましたが、最近では成績が優秀でも精神安定剤を服用しながら何とか登校する生徒、まじめな生活態度の中でも自傷行為を繰り返す生徒など主に心に課題を抱える生徒を目にする機会が多くなってきました。
立派な学歴や資格があっても社会人として逞しく生きていけない人が増えるのではないか、と強く危惧しております。
これらの心の問題は全て乳幼児期の育ちにあるとは申しませんが、その一因はあると考えます。
将来大人になる子どもらに何が大切かを見つめつつ、私ども職員ー同日々の教育、保育に心を尽くして参ります。

  • 幼保連携型こども園 須田保育園 はじめに/園の概要
  • 幼保連携型こども園 須田保育園 はじめに/園の概要
  • 幼保連携型こども園 須田保育園 はじめに/園の概要
  • 幼保連携型こども園 須田保育園 はじめに/園の概要
  • 幼保連携型こども園 須田保育園 はじめに/園の概要
  • 幼保連携型こども園 須田保育園 はじめに/園の概要
社会福祉法人延真会 須田保育園
園長 石山 真宗

いしやま まさとも
(IHIYAMA Masatomo)

須田保育園の年長・年中児が大人のお話を聞く態度、行事の様子をぜひご覧になって下さい。 きっちりと集中して聞くことが当たり前のように出来ます。